『外道の歌』第10話読んだ感想

外道の歌10話|私の未来予想図…この女、何者!?

田舎のバス停に似つかわしくない、スカートの短い女子高生。

 

彼女はニヤニヤとしながらスマホで何かを見ていました。

 

それは都会の風景写真で、山しかないような田舎で育った彼女は都会で成功することを目指し努力を続けているのでした。

 

深夜まで勉強し、見事に東京の大学に合格!

 

就職も一流企業に決まり、地元に残った人間とはまるで別の世界へ羽ばたくことに成功したのです。

 

付き合っていた彼氏とは仕事の独立をキッカケに結婚し、かわいい赤ちゃんを授かることもできました。

 

全てがうまくいっている彼女。

 

そして…。

 

復讐屋、最大の危機を乗り越えていざ新展開に突入!

 

今度はどんな依頼がやってくるのかとワクワクしていたのですが、今回はだいぶプロローグな回です。

 

登場するのは謎の女が出てくるストーリー。

 

高飛車な女で正直なところ嫌な女って感じですが、見事なまでの勝ち組人生を歩んでいます。

 

悪いことはしていないんだけど、友達にはなりたくないタイプですね。

 

この前振りからどんな壮絶な話が展開するの!?

 

嵐の前の静かさといったところでしょうか。

 

カモもトラも出てこない第10話ですが、しっかりと覚えていて頂きたい!

 

ま、確かに可愛い女の子なんて一人も出ませんからね…。

 

読み飛ばしてもいいくらい、ってダメですよ。

 

これは意味のある一話、これを見逃したら次回から誰?ってことになりますから。

 

謎の女がこれから破滅への道を歩むのか、それとも誰かを陥れる側になってしまうのか?

 

どう転ぶのかとにかく楽しみ!

 

そして復讐屋とはどのように絡んでくる…!?

 

外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック
*試し読みは無料です

外道の歌|あらすじネタバレ記事