『外道の歌』第4話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】

外道の歌|第4話あらすじネタバレ

あっけなく成し遂げられた復讐
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック
*試し読みは無料です

 

(1巻収録話)
>>第1話
>>第2話
>>第3話
>>第4話
>>第5話
>>第6話
>>第7話
>>第8話
>>第9話

 

(第4話あらすじ)
美咲と里奈を殺した犯人の男は、父親から海外留学の準備をしているから外には出ないようにと言いつけられていた。

 

だが、この男にとってそんな言いつけなど無意味。

 

タバコが切れたからという理由でコンビニへと出かけていった。

 

外は暗く、とくに人影は見られない。

 

は〜あ、とため息をつきながら一人でコンビニへと向かう。

 

店員にも、店の前にいた客にも特に声をかけられることなく家路に着いた男。

 

帰りながらタバコに火を点け、一服しながら帰っていく。

 

すると、誰もいないはずの背後からなにかの気配が…!?

 

そっと後ろを覗き見るも誰もいない…

 

気のせいかと思い直し、また歩き出そうとしたその時!

 

背後から聞こえるタッ、タッ、タッという足音。

 

慌てて振り返るとそこにはパーカーをフードまですっぽり被り、包丁を手にした男の姿があった!

 

それは紛れもないカモの姿…!

 

迷うことなく男の腹に包丁を突き立てる!

 

小さく声を上げる男を無視して道の端まで歩を進め、そのまま押し倒した。

 

男は、う〜…んんっなどと声を上げながら口から鮮血を流している。

 

左手には包帯が巻かれ、二人を殺した犯人であることは間違いない。

 

最後のあがきか、右手の親指でカモの額に傷をつけていく男。

 

その傷は横一文字に額を切り裂き、血が流れ落ちていく。

 

だが、カモはそんなことお構いなしに男が絶命するまで包丁を突き立て続けた…

 

一夜明け、家に戻ったカモの手にはまだ男を殺した感触が残っていた。

 

また、額の傷には無造作に複数の絆創膏が貼られている。

 

そこへ再び訪ねてきた叔父は食料を差し入れ、ちょっとでもいいから食えと彼を気遣う。

 

返事をせず、叔父をチラッと見ただけで終わったカモ。

 

そんな彼に叔父は容疑者の話を教えてくれた。

 

容疑者の男は行方不明になっているらしい…

 

そして警察はこのまま何も出てこなければいいと思っているというのだ。

 

どうでもいいような、複雑な表情でその話を聞いているカモ。

 

叔父が帰り、おもむろにテレビをつけるとそこには…?

 

>>『外道の歌』第4話読んだ感想

 

外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック
*試し読みは無料です

外道の歌|あらすじネタバレ記事

関連ページ

『外道の歌』第1話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌1話ネタバレ|カモが不在のかもめ古書店で、奈々子は餌をあげようと猫の「日曜日」を探していた。ほどなくして日曜日は見つかり、美味しそうにキャットフードをほおばっている。その幸せそうな姿を見て奈々子はふと思った。なんでこの子、日曜日って名前なの…?
『外道の歌』第2話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌2話ネタバレ|買い物を終え、家に帰った鴨ノ目親子。だが里奈はお菓子を買ってもらえなかったことを引きずり、わがままを言って美咲を困らせていた。そこへ玄関のチャイムが鳴り、慌てて出る美咲。外にいたのは見知らぬ男だった…?さっきのスーパーで後ろに並んでいたという男。
『外道の歌』第3話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌3話ネタバレ|妻と子供を殺されて一週間…カモは屍のような生活をしていた。彼の側にいるのは猫の日曜日だけ…そんな彼の元を訪ねてきたのは刑事である叔父だった。近くに落ちているパンを拾い上げると既に腐っている。ろくに食べていない様子を見て、お前がこんなんでどうする、と声をかけた。
『外道の歌』第5話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌5話ネタバレ|カモはテレビの報道で見た、強盗殺人の被害に遭ったという家に来ていた。妻と息子を殺された男は憔悴しきった表情で、たった数千円のために家族が殺されたのだと告げる。それを無表情で聞いていたカモ。相手が話終わったったところで静かに口を開く…最近、彼は夢を見るのだという…
『外道の歌』第6話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌6話ネタバレ|車椅子の男は介添え人を伴い、とあるビルの一室を訪ねてきた。耳には骨伝導式のイヤホンを使うことで、かろうじて周囲の声を聞くことができる。だが、視力は完全に絶たれ声を発することもできない。なぜ、彼がこのような状態になったのか…
『外道の歌』第7話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌7話ネタバレ|どうかしら?復讐される側に立った気分は…朝食会の女は腕を組みながら拘束されたカモを見下ろす。問いかけに対し、何の反応も見せないカモ。女はまるで予想していたかのように次の一手を切った。カモの携帯を手にし、アナタの相棒はどうかしら?と言ってトラにメールを送ったのだ。
『外道の歌』第8話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌8話ネタバレ|暗い中、人気のない駐車場で対峙するトラと鶴巻。体をほぐすように軽く腕を伸ばすトラ。鶴巻も羽織っていたシャツを脱ぎ、半袖姿になった。その様子を見ていたトラが一歩踏み出し、拳を振り被る。だが、鶴巻は脱いだシャツでそのパンチをからめ取るとそのまま背後に回った。
『外道の歌』第9話|漫画あらすじネタバレ【単行本1巻】
外道の歌9話ネタバレ|今までにない本気の姿を見せるトラ。タンクトップから覗く肩には大きな刺青が見えている。肩を回して調子を整えるトラに対し、鶴巻は臆することなく無表情のまま立ち尽くす。このままにらみ合いが続くのかと思われたその時、鶴巻の右足が動いた!