【スマホ漫画】外道の歌|善悪の屑あらすじネタバレ最新情報!

外道の歌|漫画あらすじ紹介【ヤングキング】

男は復讐の鬼となり立ち上がる…!
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
[Handy一般]外道の歌

 

>>【スマホ専用】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

 

渡邊ダイスケ原作『外道の歌』は、前作「善悪の屑」から4年前の過去が舞台。

 

「ヤングキング」の2016年8号から連載がスタートされています。

 

復讐屋として犯罪被害者の家族の依頼を受け、加害者たちへの復讐を代行している主人公のカモとトラ。

 

本作では今まで頑なに語られることのなかったカモの過去の話から始まります。

 

復讐屋として壮絶な拷問、殺人を犯すカモがまだ外道ではなかった頃とは…?

 

そして、何故どのように復讐屋になったのか?

 

そこには悲しい一つの事件が隠されていました。

 

禁断の過去が今、明らかになります__。

 

(原作あらすじ紹介)
これはカモとトラが復讐屋として活動する四年前の物語…

 

カモは会社員として働きながら妻・美咲と娘・里奈を養い、平凡な団地で平和な生活を送っていた。

 

仕事が忙しくてあまり里奈と遊べないカモであったがある日、子猫をプレゼントする。

 

それは里奈からねだられていたもので、一度はダメだと断ってケンカになったのだった。

 

娘に甘いんだから…という妻に対し、猫の寿命が尽きる頃に娘は思春期を迎えると説明するカモ。

 

その頃に生き物の死を体験することは、悪いことではないんじゃないかと考えたのだった。

 

思いがけないプレゼントに大喜びの里奈は「日曜日」という名前をつける。

 

それはカモが朝からずっと家にいる唯一の曜日。

 

里奈は父と一緒に過ごせる日曜日が大好きなのだった。

 

しかし、平和な日々は突然に終りを告げる…

 

美咲と里奈がいつものように買い物を済ませ、家に帰ってきたところを一人の男がつけていたのだ…

 

男の目的は美咲のカラダ。

 

巧妙な手口で玄関を開けさせ中に侵入した男は、二人を暴行、殺害してその場を後にした。

 

鴨ノ目が事態を知ったのは全てが終わった後だった…

 

帰ると家の前には野次馬が詰めかけていた。

 

あまりのショックに涙を流すどころか息ができずに倒れてしまう。

 

それから一週間…

 

ほとんど何も食べずに死人のような生活を送っていた鴨ノ目の元へ、刑事をしている叔父が訪ねてきた。

 

犯人の目星がついたらしい…だが…!?

 

>>『外道の歌』1巻あらすじネタバレ

外道の歌|登場人物紹介

鴨ノ目 武(カモ)

穏やかで優しい、娘思いのお父さん。
中学生の時に母親を亡くしたことで家族を失う恐怖に駆られるが、娘が生まれてからは彼女を守らなければという気持ちが強くなる。
父親が亡くなり子供のために頑張ろうと思っていた矢先、その娘と妻を失って絶望の淵に立たされる。

 

鴨ノ目 美咲

武の妻で主婦をしていて外見はごく普通。
ワガママな娘によるストレスのためか、最近の食事は手を抜きがち。
しかし何でも買ってあげるようなワガママは聞かない、しっかりとした一面も持っている。

 

鴨ノ目 里奈

カモの娘でおませな少女。
お父さんのことが大好きで、カモが朝からずっと家にいる日曜日が特に好き。

外道の歌|今まで封印されていたカモの過去がついに明らかに!

壮絶な「善悪の屑」の復讐劇から遡ること4年…

 

明るい過去ではないとは分かっていたものの、これほどまでにダークだとは思いませんでした…

 

初っ端から重たすぎる話の展開にもうお腹いっぱい状態です。

 

カモの奥さんと子供が殺された理由も理不尽そのもの…

 

しかも、殺した相手はワケアリで正当な裁きがくだらない可能性まで出てきてしまいます。

 

このままでは殺された二人は報われません!

 

しかし、大好きな父に仇を討って欲しいと娘は思っているのでしょうか…

 

複雑な思いを抱えながらもカモは犯人の元へと向かうのですが、これが初めての復讐となってしまうのか!?

 

ダークでバイオレンスな雰囲気そのままに、さらに精神を抉るような新たな展開があなたを待ち受けます!!

 

>>『外道の歌』1巻あらすじネタバレ

 

今まで語られなかったカモの過去…
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

 

>>パソコンで読むならコチラ

 

タイトル名 外道の歌
作者 渡邊ダイスケ
掲載誌 ヤングキング
配信巻 単行本1巻

外道の歌|善悪の屑の続編もかなり心やられます…

「善悪の屑」待望の続編となる本作ですが、その初っ端からカモの過去編が始まりました!!

 

今までトラであっても知ることのなかった彼の家族の話。

 

これが壮絶な復讐屋人生の始まりなのです…。

 

と、まずは人物紹介も絡めつつの「善悪の屑」のご紹介をチラッとしていきましょう。

 

とある街にあるボロボロの古書店「カモメ古書店」

 

そこの店主は全く似つかわしくないサングラスの強面の男・カモです。

 

彼は復讐屋として密かに依頼を受けているのですが、その復讐とは犯罪被害者の家族からのもの。

 

大切な人を殺されたのにも関わらず、犯人は軽い罪に問われたり逮捕もされなかったりと理不尽な思いをしている人たちです。

 

そんな依頼人の代わりに法を無視したやり方で制裁を加えるのが復讐屋の仕事。

 

金額はマチマチですが、出せるだけってのがルールの一つ。

 

あとは受けるか受けないかはカモの気持ち次第といったところ。

 

ま、大体の依頼人はここに来るほどの相当な思いを抱えているので、滅多に断ることはないようですが。

 

そして復讐屋にはもう一人、相棒がいます。

 

ロン毛の若い兄ちゃんのトラ。

 

彼は関西弁で依頼人にもフレンドリー、すぐに感情移入してしまう熱い男なのですが喧嘩の腕は一流。

 

武闘派で主にターゲットの拉致の時に活躍します。

 

そして連れ変えたターゲットをカモが拷問していくというわけ。

 

拷問の方法は被害者になぞらえたものが多く、同じ苦しみを与えて後悔させるという多いようで。

 

残忍で見ているだけで吐きそうなシーンばかり、そんなリアルさがこの作品のポイントでもあります。

 

最後にもうひとり、依頼人でありひょんなことからカモメ古書店に居候することになった奈々子。

 

彼女もまた、家族を殺された一人なのですが詳しくは前作で!

 

今回は冒頭に少し登場し、あとはしばらくお休みモード。

 

なんといってもメインはカモの過去編ですからね。

 

さて、謎に包まれたカモのかもとは一体!?

 

これからたっぷりとご紹介していきます!

 

>>『外道の歌』1巻あらすじネタバレ

 

復讐の鬼となった4年前の悲しい過去…
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

外道の歌1話|良いパパすぎるぜ…カモ…

物語は「善悪の屑」から4年前に遡り、まだカモが会社員だった頃から話は始まります。

 

団地で妻の美咲と娘の里奈と三人暮らしなのですが、娘は4歳くらい?

 

女の子なのでちょっとおませさん、そしてワガママ…。

 

よくパパやママを困らせているようです。

 

でも本当はパパが大好き!

 

仕事でいつもいないのが不満らしく、わざと気を引くような行動を取るところが可愛すぎるから!!

 

そんな娘のワガママにより子猫を飼うことになった鴨ノ目家。

 

これが前作にも出てくる「日曜日」なのです!

 

なんでこんな名前なの?

 

その理由は里奈が日曜日が好きだから、だってパパがずっと家にいるから。

 

可愛すぎるだろう!!天使か!!

 

こんな素敵な家族を描いちゃってさ、どうするのかは分かっているんだよ…。

 

今まで見たくぶち壊すんだろう…。

 

はい、その通りです。

 

いい時なんてあっと言う間さ、この漫画わね〜。

 

そんな落差があるから皆、惹きつけられちゃうんだけどね〜。

 

見ている方としては結構、心が痛いのよ。

 

と、そんなバッドな展開は次に取っておいて、まだ名言ありますから。

 

猫を買った理由はねだられたからだけではないのです。

 

この猫が死ぬ頃、里奈はちょうど思春期の年頃になります。

 

その頃に生き物の死を体験することはいいことではないかという父の考え…。

 

深いぜ、カモ!

 

普段は無口な彼だけにこんな思いが聞けるとは思いもしなかった…。

 

余計にこれから待つ展開が怖すぎる。

 

あ〜、来たよ、怪しい男!

 

奥さんの美咲と里奈のことを影から見てるよ!!

 

だってもう、目がやばいもん!

 

最悪の展開、もうすぐそこまで来てます。

 

>>『外道の歌』第1話読んだ感想

 

復讐の鬼となった4年前の悲しい過去…
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

外道の歌2話|心がぐちゃっとされた感じ…

案の定だよ…。

 

男がうまいこと言って鴨ノ目家に侵入してきちゃったよ〜。

 

もう、里奈だけでもいいから逃げて欲しい。

 

でもさ、前作読んでいる人は知ってるんだけどさ、言っちゃうけどさ二人共死ぬんだよね。

 

やだな〜、先読みたくないな〜、なんて思いながらもページをめくる私。

 

人妻って欲しがってんでしょう

 

どこで得た知識がよ!!

 

エロビデオ本気にしてんじゃないよってセリフがまさに頭の中が沸いてますな。

 

クズを書かせたらこの作者以外に最高のクズ書ける人っていないかも。

 

そして言うこと聞かないとパンチ。

 

すぐに暴力に訴える頭の悪さに乾杯!

 

さらにね、クズって泣いている子供が嫌いだよね。

 

なんだろう、その許容範囲の狭さ。

 

よくベビーカー蹴られるって話とかも聞くけどさ、日本の中にそんな頭のおかしい奴がいるってことが恐ろしいです。

 

と、ちょっと話は逸れましたが、このように強盗殺人にあってしまったカモの妻と娘。

 

詳細につきましてはご確認ください。

 

グロいです。

 

そして、カモが家に帰宅すると近所の人達が集まっていて事件発覚というわけです。

 

警察官も目を伏せるほどの惨劇で、カモに遺体を確認しないほうがいいというくらい。

 

その言葉だけで嫌ってほど伝わってくる表現力が恐ろしい。

 

極めつけは人間は本当に悲しいときは涙が出るんじゃなくて息ができなくなるんだって表現。

 

まさに呼吸が困難になって倒れ込むカモ。

 

その表情は泣き叫ぶよりもずっと苦しそうで説得力があります。

 

どこまでも人を追い詰めるのがうまいな〜。

 

たった2話なのにもう、心掴まれちゃいましたよ。

 

ここまで読んだら続きを読まないわけにはいかないもんね。

 

さて、どんな復讐をしてくれるのか?

 

読者を満足させるハードルはかなり上がっていると思いますよ。

 

どうなるのか、お楽しみですね。

 

>>『外道の歌』第2話読んだ感想

 

男は復讐の鬼となり立ち上がる…!
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

外道の歌3話|ここでもグッと心掴まれた…

さぁ、復讐か!と思ったんですが、いきなりそんな展開にはなりませんよね。

 

妻子の死から一週間がたち、一人で屍のようになっているカモ。

 

それはそうだ。

 

大切な家族が死んだらそうなるのが普通の人の反応ってもんです。

 

カモも今では残忍極まりない復讐屋ですが、この頃はまだ依頼人たちと同じような弱い立場だったというわけですね。

 

そこへ風穴を開けてくれたのだ刑事の叔父さん。

 

なんだかんだ言いつつ、いつも助けてくれるのは彼というわけですね。

 

警察だから捜査に直接関わっていなくても情報を持ってきてくれるという優しさ。

 

デキる男だぜ…。

 

ところがこの情報がカモの運命を狂わせていくことになるなんて…。

 

なんと容疑者の男は警察官僚の息子で、やつをかばおうという動きがあるとか!?

 

実際、父親は彼を海外留学させようとしているようで完全に隠蔽する気マンマン。

 

そんな偉い人の息子がなんでここまで腐ったのかね。

 

世の中、全くわからんですよ。

 

これを聞いたカモはいざ、どこかへ赴こうとしているところで今回は終わり!

 

いいところで終わりすぎだ…。

 

気になって次も買うしかないじゃないか…。

 

そしてドツボにはまる私(笑)

 

いやね、好きな作品を応援できることはいいことですからね。

 

喜んで買わせていただきますよ。

 

ただしね、相当な復讐を期待していますけどね〜。

 

と、心掴まれたのはここじゃないんです。

 

それはカモの告白の部分で彼が中学生の時のお話。

 

母親を病気で亡くした彼は家族がいなくなることの恐ろしさを感じるのです。

 

しかし、子供が生まれると子供のために頑張ろうとする自分がいるわけで。

 

実際に父親が死んだ時も乗り越えられた、子供を守らなきゃならないから。

 

人は結局は親よりも自分の子供を優先する、里奈もそうしただろうな…。

 

みたいなところが本当にグッときた!

 

そして実は美咲が里奈をかばい、覆いかぶさって死んでいたというところも…。

 

母だね〜。

 

その上から殴って殺したのか!?

 

家に戻ってからも平然とゲームとかしている犯人。

 

もはや人じゃないな…。

 

早くこいつの血が見たいぜ〜、ってちょっと危ない心理に駆られそうなくらい腹が立つ。

 

でも、もうね犯人が許せなくって早く解決して欲しくってさ〜。

 

次回こそ、決着を期待しています!

 

>>『外道の歌』第3話読んだ感想

 

優しい父は家族を奪われ鬼となった!
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

外道の歌4話|胸糞悪い犯人ともこれでおさらばか!?

いよいよ今回で、カモと男の間に決着がつきます!

 

外出を禁止されているのにも関わらず、タバコを買いにコンビニへと出かける犯人の男。

 

自分が人を殺したって意識はないんですかね?

 

普通ならあんなことしたら外になって出られない精神状態になるでしょうよ。

 

本当に頭がどうかしてますわ…。

 

まだ指名手配も何もされていない状態ですから当然、誰も彼には気がつきません。

 

普通に買い物をして帰ろうとしたその時、背後から駆け寄るひとりの男!?

 

はい!カモです!!

 

パーカーをフードまですっぽり被り、その手には包丁が握られています。

 

表情はなく、ただ男をめがけて駆け寄ってきたかと思うとブスリ!

 

対する男も抵抗するかと思いきや、人間って突然のことには対処できないものですかね。

 

うめき声をあげながら刺されたまま、押し倒されてしまいます。

 

男が口から血を流しながら死にゆく中、ただじっと包丁を突き立て続けるカモ。

 

これも相当な精神力と覚悟が必要でしょう。

 

だって、怖いじゃないですか。

 

目の前で人が死んでいくってさ…。

 

でも、家族を奪われた苦しみに比べたら何でもないのかも。

 

最後の力を振り絞り、男はカモの額に真一文字の傷をつけます。

 

これって今でもカモの額に刻まれているやつですね。

 

色々と理由が判明してスッキリ。

 

でも、傷を残されてったことはこのままじゃ捕まりますよね。

 

今のカモにとってこの男を殺せれば、自分がどうなるとか関係ないのかな。

 

決意した男の意思を感じました。

 

家に戻り、それでも死んだような眼は変わらないままのカモ。

 

そこへ叔父さんが訪ねてきて、いよいよ逮捕かと思ったのですが!

 

と、ネタバレはここまで。

 

流石に全部書いてしまうと面白くないですからね。

 

続きは是非、あなたの目でお確かめください。

 

変なところで意地悪でしてごめんなさい!

 

さて、彼は復讐を終えた後どうしていくのか?

 

願わくば、前のような笑顔の彼に戻って欲しいところですがもう無理なのかな…。

 

一区切りつきましたが引き続き、先が気になる!

 

もう定期購読から逃れられそうにありません(笑)

 

>>『外道の歌』第4話読んだ感想

 

今まで語られなかったカモの過去…
外道の歌
作者:渡邊ダイスケ
>>【スマホ漫画】外道の歌(渡邊ダイスケ)|試し読みはコチラ
配信サイト:Handyコミック(スマホ専用)
*試し読みは無料です

外道の歌|あらすじネタバレ記事